FIM Endurance World Championship
FIM Endurance World Championship


EnglishFrançais日本語Tiếng ViệtไทยBahasa IndonesiaBahasa Melayu

EWC2023のクライマックス:YART、14年ぶりのEWC24時間レース制覇

ニュースに戻る
EWC2023のクライマックス:YART、14年ぶりのEWC24時間レース制覇EWC2023のクライマックス:YART、14年ぶりのEWC24時間レース制覇

04 February 2024

Yamalube YART Yamaha EWC Official Teamは、開催されたスパ24時間EWCレースで優勝し、FIM世界耐久選手権暫定ランキングのトップに躍り出た。 この結果、このオーストリアチームが14年間待ち望んでいた24時間耐久レースでの勝利に終止符を打つことができた。

スタートで出遅れたマーヴィン・フリッツ選手だったが、すぐにペースを上げ、スパ・フランコルシャン・サーキットで行われた序盤戦で、タイトル争いのライバルたちに戦いを挑んだ。

8時間経過時点でF.C.C. TSR Hondaがトップに立ち、16時間経過時点でYARTが逆転するという波乱の展開。しかし、YARTがほとんどトラブルを起こさなかったのに対し、F.C.C. TSR Hondaは16時間を過ぎたあたりで排気系のトラブルを抱え、5分間ピットインすることになった。

このストップで、オーストリアチームのYARTは一気にリードを広げ、19時間前に破損したリアタイヤも素早くピットで交換し、2009年のルマン以来となる24時間レースでの勝利に向けて、チームは、快走を続けた。

ブリヂストンタイヤを装着するヤマハ7号車でフリッツ選手、カレル・ハニカ選手と一緒に走ったニッコロ・カネパ選手は、次のように語った。「この勝利を追い求めて数年が経った。僕たちみんなが、この勝利に値する仕事をしたしね。とてもうれしいよ。本当に素晴らしいレースだったね。正直に言うと、本当に大変だったんだ。最初から最後まで簡単ではなかったよ。最終周回まで、不安でしょうがなかったんだ。」

チームは、すべてのピットストップで素晴らしい仕事をしてくれたし、僕のチームメイトもそうだった。1周目から最後の1周までプッシュし続けたんだ。でも、決して信じることを止めなかったよ。前回の24時間レース優勝から、ずいぶんと時間が掛かってしまったね。でも、僕たちの頭の中には、『何があっても勝つ』という目標だけがあったんだ。」

関連ニュース

関連ニュース

29 February 2024

EWC ニュースレター 02-24

FIM世界耐久選手権2024年シーズンが4月18~21日に開催される第ルマン24時間レース47回大会で幕を開けるにあたり、2月中にFIMEWC.comに掲載された記事の一部をご紹介しよう。なお、ニュースの日本語版は、https://www.fimewc.com/jaで閲覧が可能だ。EWCの戦士たち、ルマン市街地に帰還4月17日(水)、ルマン24時間レースを盛り上げる伝統的なアクティビティが再び開催され、FIM世界耐久選手権のライダーたちがルマンでのイベントの主役を飾る。ジャコバン・デュ・マン広場では、2019年以来初めて、4月18日~21日に開催されるルマン24時間レース第47回大会に参加予定のファンが期待するものを味わえるよう用意されたアクティビティやアトラクションの饗宴が開催される。全文はこちら。

29 February 2024

ハリウッド俳優リーダス氏、EWC開幕戦ルマン24時間レースの公式スターターに任命

有名なハリウッド俳優でプロデューサーのノーマン・リーダス氏が、FIM世界耐久選手権2024年シーズンの第1戦、ルマン24時間レースのスタート合図を出すという名誉ある役割に任命された。大ヒットシリーズ『ウォーキング・デッド』のダリル・ディクソン役で知られるリーダス氏は、4月20日(土)に開催されるルマン24時間レース第47回大会のスターティングフラッグを振る。リーダス氏は、こう語る。「ACOからルマン24時間レースのスタートに任命されたことを大変光栄に思っているよ。僕は、バイクに関するあらゆるものの大ファンで、この種のレースに出場するライダーたちに尊敬と憧れを抱いているんだ。ルマン24時間レースを体感できることが待ち遠しいね。4月20日(土)のスタートでみんなに会えることを楽しみにしているよ。」ルマン24時間レースの主催者であるAutomobile Club de l’Ouestのピエール・フィヨン会長は、次のように述べている。「このような有名な方を迎えて、ルマン24時間レースのスタートを飾れることをうれしく思っている。開幕戦であるこの24時間レースで開催される一連のイベントは見逃せない。このレースは、数々の策略とサスペンスに満ちていて、コース上で繰り広げられる激しいバトルは、今年も大勢の観客を興奮の渦に巻き込むだろう。招待に応じてくれたノーマン氏に感謝するとともに、彼にルマン24時間レースとその独特の雰囲気を感じてもらえることを楽しみにしている。」

28 February 2024

渡辺選手、新規参戦チームのTEAM ÉTOILEからEWCに復帰

新規参戦チームであるTeam Étoileは、FIM世界耐久選手権で表彰台獲得の経験を持つ渡辺 一樹選手の加入を発表した。一度MotoGPに参戦した経験を持つ日本人ライダーの渡辺選手(33歳)は、スーパーストックマシンをベースとするFIM耐久ワールドカップのヨーロッパ3大会に、Team Étoileが擁するスーパーストッククラス単独タイヤサプライヤーであるダンロップタイヤを装着したBMW M1000RRで参戦する。チーム代表の市川 貴志氏のもと、10年計画でEWCの頂点を目指すTeam Étoileは、4月18~21日に開催されるEWC開幕戦、ルマン24時間レースのライダーラインアップも決定した。昨年12月に亀井 雄大選手とともにTeam Étoileのライダーとして発表された大久保 光選手は、日付が重なったFIMスーパースポーツ世界選手権を優先するため、ルマン24時間レースは欠場となり、奥田 教介選手が亀井選手、渡辺選手とともに参戦することとなった。イタリアのSS600カテゴリーで経験を積んだ新鋭・川崎 祥吾選手は、今シーズン開幕戦のルマン24時間レースとシーズン最終決戦のボルドール24時間レースの4人目のライダーとして指名された。

公式パートナー
DunlopNexthashWebike
EWC Logo
EVERY MOMENT.
UNMISSABLE.
WBD SportsFIM
デザインと開発 3CODES | Powered by EVENTRACK | © copyright 2024. 全著作権所有.